【コーヒー石臼27超小型 白御影石 円柱形ノミ突き本磨き】

商品説明

「石」は重いと言った感覚から、石臼の置き場所やテーブル、カウンターの強度を心配される問い合わせが多かったために、その解決策として小型の石臼を設計しました。 直径で約3.0cm、重さで約4.0kg軽くなっています。珈琲臼26より少し大きくなっています。
コーヒー豆を安定して挽く事が出来き、責任を持って販売出来る最小の石臼です。摺り合わせ面の直径を通常の5.0寸(約15cm)から0.5寸縮小し4.5寸(約13.5cm)としています。
上臼の重量が少なくなり粉を挽く面が通常より小さいために、豆を割る力と割れた豆を細かくする力が小さくなり、使用には慣れが必要で焙煎の浅い豆の場合は挽ききれない場合もありますが、 少しづつ豆を入れながら挽く事に慣れてしまうとコーヒー豆の投入量と挽けの具合の関係がダイレクトに出るために、面白くなります。
上臼、下臼共に「白御影石」で円形に整形し全体をノミで叩いたあと、その表面をもう一度平面にならして本磨きがかけた特殊な仕上げです。
白い石材のために単純に磨きあげるとデザイン上で工夫をしても、どうしても立体感の無いノッペリした外観になります。
そのためノミ突きした部分は乱反射で真っ白に見える事を利用して、全体に不規則な柄を付けて、立体感を出しています。全体に薄い反射があり手触りも滑らかです。白い石材で明るい印象があります。
通常の石臼は側面に持ち上げる時に手(指)をかける「手がかり」の窪みを刻み込みますが、デザイン上の理由で付けたくなかったので、外周に段差つ付ける事で全周を手がかりとしています。

商品仕様

使用石材=花崗岩(御影石)
高さ=約22.5cm (取って棒取り付け時を除く)
重量 上臼=7.6kg 下臼=8.6kg 全体=16.2kg
外径 下臼の直径=22.0cm 上臼の直径=17.5cm 取って棒取り付け時回転のための設置必要直径=28.5cm以上
とって棒=桜材(天然材)中心軸=ステンレス製11mm棒 下臼下部に滑り止め部品を貼り付け
※手作りのため、多少の寸法は変わります。桜材は毎年用意した分が無くなり次第「樫」になる場合があります。
■価格 52,000円■ 送料・郵便振替の場合の手数料=当社負担

さらに詳しいお問い合わせ  ご注文は

詳しいお問い合わせは「メールフォーム」又は直接[0969-24-4822]までお願い致します。
ご注文の際は「コーヒー石臼26用ショッピングカート」 又は「メールフォーム」をご利用下さい。

Page top