石臼の手入れとサービス

Home > 石臼の手入れとサービス

この文章は、本来は直接お会いして説明するべき内容に 付いてまとめてあります。

摺り合わせ面の清掃・洗浄に付いて

 豆を投入するたびに、中心部より外側へと粉が移動するため前回挽いた時点での残っていた粉(少量ですが)は押し出されて出てきます。
 このため頻繁に使用して頂いている限り、分解清掃の必要はありません。
長期間使用しない場合、又、長期間使用しなかったあとの使用については、1杯目に出る粉の中に古い粉が混ざりますが少量のため実用上の問題は無いと思われますが、 気になられる場合に付いて清掃方法を説明いたします。

>清掃方法

 @珈琲の粉が飛び散っても構わないよう新聞紙等を広げ、その上に上臼を上下逆さま(溝が上になるよう)に置きます。
 Aワイヤーブラシは傷を付けてしまいますから、乾いた歯ブラシ等で溝の中の粉をかき出します。
 B下臼も同様にかき出します。
 C中心軸に注意して組み立てま

洗浄方法

 珈琲豆は大豆と同じく油分を含んでいます。このため摺り合わせ面は珈琲色に変わっていきます。
そのままで構いませんが、気になる様であれば洗浄してもかまいません。
 @溝の粉をかき出したあと洗剤をつけて歯ブラシ・タワシ等で洗います。この時「粉回収用ハケ」は外したほうが理想で すが、ハケも同時に洗剤で洗ってもかまいません。
 A完全に乾いてから組み立てます。
 完全に乾いていない状態で組上げて粉を挽くと、粉は挽けますが溝に残った粉に水分が移り目詰まりの原因になります

本体外側の洗浄について

 外観は「たたき磨き仕上げ」になっています。
 最初に「ビシャン叩き」と言う道具で表面に小さな凹凸をつけ、そのあと凸部を磨いてあります。
 長年の使用により凹部にホコリ等が付着した場合は上臼を下臼から下ろし、それぞれタワシ等と洗剤で洗ってください。
洗浄が終わったら充分乾燥させてから組み立ててください。

粉回収用ハケに付いて

ハケ自体は幅30ミリの塗装用で大型ホームセンター等にあります

取っ手の柄に付いて

通常の使用で痛むことはありませんが、取り替える場合はホゾ穴は直径20ミリになっています。

本体の破損による修理

破損部分の接着・成形のみで修理可能か、新たに作り直しが必要か、状況により違いますので見積もりにより対応いたします。

目立て(溝の切りなおし)に付いて

 直径30センチ以上の雑穀を多量に粉末にする石臼の場合「目立て」は定期的に必要になりますが、珈琲豆を少量、中挽きで使用する本石臼の目立ては基本的の必要ないと思います。
ただし、どうしてもと思われる場合はご連絡頂けば対応いたします

修理品の送料

 お客様〜自社・・・お客様で負担をお願いいたします
 自社〜お客様・・・自社にて負担いたします

Page top