【茶臼02 (個人向け21cm)御影石・上臼.下臼磨き仕様】

Home > 定番商品

個人でご家庭での使用を想定して製作しました。
市販のお茶を微粒子の粉茶に挽いていく石臼です。
石材は非常に硬く、通常は石臼には使用しない御影石(花崗岩)で「加工が難しい」等の特徴があります。
非常に堅い石材のため「目」の摩耗に非常に強く、個人での使用程度では将来も「目立て直し」は必要ないと思います。
使い方の説明ですが、材料のお茶の葉を上臼の穴の中に全部入れてから、左回しで挽き始めます。
最初の石臼の中に何も入っていない状態では石材どうしが擦れあう音がしますが、石材が非常に硬いため「目」が擦れてしまう事は ありませんので、構わず回し続けて下さい。
しばらくするとパウダー状の粉が出始めます。
この石臼はお茶挽き専用に製作しているためお茶の葉以外は挽くことは出来ませんが、普通は穴に少量のお茶の葉を入れながら挽いて いきますが一度に全部を穴に入れても、実際の臼の中には回転に応じて少量づつお茶の葉が入り続けるように作ってあります。
お茶の葉に「お茶の軸」などが混入している場合には、上臼の穴の中で詰まってしまう事がありますが、その場合には「箸」等でつついて下さい。
回す力はコーヒー石臼ほど軽くはありませんが、ゆっくりと回すため女性の方でも無理なく出来ると思います。
挽けた粉茶は、下臼の穴から回転事に「刷毛」で回収されて落ちますので、自動的のセットした容器に入り、自分で集める必要はありません。
日々の手入れですが、コーヒー豆と違い「お茶の葉」の場合は劣化がありますので、必要に応じて「たわし」での水洗いをお願いします。
「とって棒」は天然の桜を磨いて取り付けてあります。(天然品ですので、多少の曲がり、変形はご容赦下さい)

商品仕様

使用石材=御影石(花崗岩)直径=23cm 高さ=17.5cm 重さ=全体で15.1s
とって棒=桜材(天然材)中心軸=ステンレス製9mm棒 下臼下部に滑り止め部品を貼り付け
※手作りのため、多少の寸法は変わります。桜材は毎年用意した分が無くなり次第「樫」になる場合があります。
■価格 52,000円■ 送料・郵便振替の場合の手数料=当社負担

さらに詳しいお問い合わせ  ご注文は

詳しいお問い合わせは「メールフォーム」又は直接[0969-24-4822]までお願い致します。
ご注文の際は「ショッピングカート」 又は「メールフォーム」をご利用下さい。

写真1

寸法図

写真2

写真3

写真4

写真5

写真6

Page top